健康経営ダイアログ

健康経営ダイアログとは?

健康経営®にいざ取り組もうとしても、企業では「何から始めればよいか分からない」という声が多く聞かれます。健康経営を実践するはじめの一歩は、自社にあった健康経営のテーマを見つけることです。

「健康経営ダイアログ」は、話し合いながら健康経営のテーマを見つけるための実践ツールとして開発されました。カードを使ったワークショップ(参加型の研修)を行い、参加者同士のダイアログ(対話)を通して自社にふさわしいテーマを見つけることができます。

社内でワークショップを開催しませんか?

健康経営ダイアログワークショップは、これから健康経営に取り組む企業はもちろん、すでに取り組んでいる企業の皆様にも、健康経営の理解や取り組みのレベルアップにお勧めの研修プログラムです。

ビゼルでは、自社でワークショップを開催するためのメニューを2種類ご用意しています。

・ワークショップの進行役に必要なスキルが学べる「ファシリテーター養成講座」
(主な対象;健康経営の社内担当者、顧客の健康経営の取り組みを支援する営業職、健康経営アドバイザー)
・ファシリテーターを派遣する「ワークショップ出前講座」(3時間程度)
(主な想定;健康経営を学ぶための社内研修や、衛生委員会の勉強会としての利用)

ワークショップの開催希望やご質問は、下の「お問合せフォーム」よりご連絡ください。

※ 健康経営®は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。